不定期更新雑記

cheero Power Plus DANBOARD Versionを他バージョンと比較

Pocket

cheero Power Plus DANBOARD Version

いろいろと話題のモバイルバッテリーをゲットできたので、他バージョンとの比較なんてことをしてみようと思います。
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリー

1. 3つのモバイルバッテリー

私の手元には何故か3つのcheero Power Plus があります。
(ホント何でだろう…)

3つのcheero Power Plus

上の画像は、それぞれ以下の通り。
 左上:cheero Power Plus 10000mAh
 右上:cheero Power Plus 2 10400mAh
 下 :cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version
ダンボー版バッテリーのフォルムは 旧バージョンと同じ。四角いフォルムがピッタリですね。

2. 外見比較

USBポート側を含む3つの側面と底面を比較してみます。
(上から見た画像(表面)は上記参照)

2.1 USBポート

cheero Power PlusのUSBポート

3つに共通しているのは USBポート(出力)が 2.1A, 1A の2つ、MicroUSBポート(入力)が1つあるという点。 USBポートは同じ数ありますが、それぞれちょっとだけラベルが違いますね。

そして、Plus 2 にはLEDライトが付いています。そんなに明るくないですが、USBケーブルの抜き差し時に手元を照らす程度には使える気がします。

2.2 側面その1

cheero Power Plusの側面その1

側面の違いとともに、電源ON/OFFの操作方法に違いがあります。

一番下にある旧バージョンの場合、電源ON/OFFを切り替えるスイッチがあるので、出力制御がシンプルです。 (出力しているどうか判断しやすいです)

真ん中のダンボー版と一番上にある新バージョンの場合、ボタンを押したら電源ONになり、USBケーブルを抜いてしばらくすると自動的に電源OFFになります。 ダンボー版と新バージョンではボタンの位置が違います。新バージョンは側面に、ダンボー版は表面にあります。ダンボー版と旧バージョンは本体のフォルムが同じですが、ボタンの動作が違うみたいです。

個人的には、旧バージョンのスイッチが分りやすくて好きですねー。 (残量確認と電源ONを同じボタンで というのがちょっと…)

2.3 側面その2

cheero Power Plusの側面その2

こちらの側面で特徴的なのは、やはりダンボー版のケアマークですね。 左から「横積禁止」「水濡れ防止」「取扱注意」

2.4 底面

cheero Power Plusの底面

ダンボー版は底面(裏面?)にも目と口が描いてありました。

3. 動作について

電源ON/OFFの違いについては 2.2 側面その1 に書いた通りですが、それ以外にも動作が違う部分があります。

旧バージョンとダンボー版では、充電(入力)しながら放電(出力)することができます。 しかし、新バージョンでは、充電と放電を同時にできません。

どちらが正しい動作なのかは分りませんが、入出力同時っていうのはなかなか便利なんですよ。 (例) 新幹線内でモバイルバッテリーを充電しながら、スマホも同時に充電したいとき (おそらく、安全な設計は新バージョンの方なんでしょうね。詳しい人教えて!)

4. まとめ?

3つのcheero Power Plusを比較してみましたが、いかがでしたか? ダンボー版は旧バージョン、新バージョンのいいとこ取りをしたものみたいです。 (単なる旧バージョンの塗り替え版ではなかった)

今後 “普段使い”するモバイルバッテリーをどれにするか、悩ましいところです。 ネタとしてもレア物(?)としても、ダンボー版を使う機会が増えるかもしれません。

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">